竹中 のぞみ / TAKENAKA Nozomi

  • 竹中 のぞみ
    職名:
    特任教授
    担当講座:
    メディア文化論

担当授業

比較文化論演習

授業内容

自分の研究テーマに閉じこもることなく、広く多くの文献に触れよう

学生の皆さんには自分の狭い研究テーマに閉じこもることなく、広く多くの本や論文に触れてもらいたいと思っています。テーマ周辺の文献だけ読み、アンケート等の調査をすれば修士論文は書けてしまうかもしれません。しかしそれでは研究はそれ以上発展し得ないでしょう。私の授業は比較文化論演習です。ある国や地域を研究する場合、その国や地域だけを研究していたのでは見えてこない、その国や地域の特殊性が、比較の視座を用いることで見えてきます。皆さんの研究もこれにちょっと似ているかもしれません。研究分野の基礎文献はもちろん、広く多くの文献を読破してください。

略歴・主要業績

ボルドー第三大学大学院博士課程修了(フランス文学比較文学第三期課程博士)。主要著訳書『フランソワ・モーリヤック論 犠牲とコミュニオン』(1996、北海道大学図書刊行会)、エミール・ゾラ『パリ』(2010、白水社)

北海道大学研究者総覧 個人ページ

所属学会

日本フランス語フランス文学会、日本フランス語教育学会

電子メール

nozomi@imc.hokudai.ac.jp

研究領域

フランス文化論

検索用タグ

メディア文化、文化・社会