首页 > 研究活动 > 指导教师确定制度

指导教师确定制度

指导教师确定制度

指导教师确定制度

学生は、その専攻分野に応じて指導教員及び履修コースを決め、定められた期日(通常Ⅰ・Ⅱ学期末)までに教務担当に届け出ます。指導教員の選定に際しては、アドバイザーの助言を受けます。指導教員は、所属している専攻の教員から選定します。


また、指導教員を途中で変更せざるを得ない事情が生じた場合は、新・旧指導教員の了承を得た上で、教務担当に指導教員変更届を提出します。指導教員の変更は、特別の事情がある場合に限って認められます。
なお、指導教員の変更が認められた場合、履修コースを変更することができます。