首页 > 研究活动 > 硕士论文题目一览

硕士论文题目一览

硕士论文题目一览

这里是各个专业近几年的学生的研究生毕业论文的题目一览。大家在考虑自己研究课题的时候值得参考。
在准备毕业论文的时候,不仅可以得到指导老师和副指导老师的指导,还可以接受学院其他老师或者助教的指导和建议。请积极征求各方意见,努力完成一份优质的研究生毕业论文。

【公共交流论】

[平成23年度]
『アフリカ女性のエンパワーメントと開発-ブルキナファソのシアバター産業に従事する女性を事例に-』
『日本におけるエネルギー政策の理念と現実』
『リスク評価の社会構築過程-放射線被曝の線量基準値をめぐって-』
[平成22年度]
『わざを生きる-「創造の徒弟制」論の考察-』
[平成21年度]
『市民メディアが拓く新たな公共的コミュニケーション-マスメディアとの依存による熟議民主主義の可能性-』
『移民児童と教育政策:日本とEUにおける新たな挑戦(Immigrant Children and Educational Policy : new challenges of Japan and Europe ) 』
[平成20年度]
『2つの「世論」-インターネットとマスメディア-相互補完による公共圏の可能性-』
『社会的コミュニケーションにおける企業の役割』
[平成19年度]
『What is on civil society in Japan?- Locally and nationally represented civil society in Japan. (日本市民社会論-地域レベルと全国レベルで示された日本の社会)』
『町内会と公共的コミュニケーション-地域コミュニティが開く新しい市民社会の地平-』
『多文化国のデモクラシーとは何か-「福祉」と「平等」に揺れたノルウェーの移民政策論争-』

【新闻学论】

[平成24年度]
『大学受験生の進路選択における情報探索行動―外部探索に影響を与える要因の分析から―』
『遺された1920-30年代ソヴィエトの絵本をめぐる考察』
『言語伝達論講座』
『東日本大震災後の全国紙と地方紙の比較内容分析―原発報道における価値類似性の観点から―』
『SNSで展開する企業広報活動に影響を与える要因に関する研究―企業のFacebook採用活動について―』
『中国におけるデジタルサイネージ広告の発展 ―フォーカスメディアから見る―』
『プロモーションのブランド・エクイティへの影響に関する研究』
『中国少数民族メディアの新たな動き―朝鮮族朝鮮語新聞「黒龍江新聞」の韓国進出を中心に―』
『東日本大震災後の日本企業における情報発信とニュースリリースの役割変化に関する考察』
『メディアにおける家族イメージの形成―中国のホームCMから―』
『フェイスブックにおけるプライバシー懸念の社会差は関係流動性によって説明可能か?―社会生態学的アプローチによる20カ国の比較研究―』
『北海道における地域イメージと観光行動の関係性について―日中韓台4カ国からの来道者の視点を軸に―』
『日本組織における日本人と中国人の異文化間コミュニケーション―日本人のワークモチベーションを巡って―』
『中国のネットにおける流言・デマの研究―塩買いだめ事件を中心に―』
『政治過程におけるメディアの議題設定機能の考察』
『転換期の中国における世論形成についての研究―伝統メディアとインターネットの連動による争点提起を中心に―』
『災害時在日外国人に対する情報支援の研究について』
『Fecebook上のファンの関与誘発における「擬友人化」研究―Starbucks Coffee Company を中心に』
『自動車をテーマにしたイベントに関する考察―北海道における開催プラン提案を中心に―』
『中国進出企業の社内コミュニケーションに関する研究―日系企業の製造拠点を調査対象として―』
『ネット議論における集団分極化の形成および誘発因子に関する研究-中国の電子掲示板「天涯」における事例研究を中心に-』
『90年代以降の中国におけるナショナリズムの変貌』
『インターネットコンテンツの自主規制における第三者機関の役割』
『消費者生成メディアの取り扱いを行う企業活動における著作権法とソフトローの関係調整について』
『高度成長期以降の日本における環境問題取組みの分析とその応用』
[平成23年度]
『日本の新聞社内における記者教育-共同記者教育機構の不在-』
『グローバル時代における中国メディアの国際報道の可能性-東日本大震災・原発事故をめぐる中国新聞の報道を例に-』
『貿易摩擦における中国の対外利益交渉とメディア報道-戦略資源としての中国メディアを再考する-』
[平成22年度]
『中国メディアにおける「公信力」研究の問題点についての考察-理論的研究を通して-』
『中国の国家イメージ戦略-外国メディアに対する規制の変遷から-』
『中国メディアに芽生える公共性についての考察』
[平成21年度]
『15世紀ヴェネツィアの印刷業者アルド・マヌーツィオの業績』
『漫画フリーペーパーの発展可能性についての考察-北海道における漫画フリーペーパー発行の体験から-』
『日本の出版流通システム改革への模索-出版社・取次・小売店の三極構造分析-』
『書籍における性表現規性とその問題点』
『裁判員制度と犯人視報道』
『犯罪報道の国際的比較』
『日本におけるメディアの自律制度-BPOを中心に-』
『インターネット民意と政府対応』
『日本の新聞における中国報道に影響する要素』
[平成20年度]
『危機事件報道から見る中国の情報管理政策』
[平成19年度]
『イタリア人は日本の何をみているか-イタリア語版ウィキぺディアを題材に-』
『メディアに作られた身体表象-文化がもたらす摂食障害-』
『中国市場における日系企業の「不祥事」とその問題点-中国インターネット報道の比較を通じて-』
『戦時下における情報操作と世論の形成-旧ユーゴスラビア紛争におけるセルビア人悪玉説をめぐって-』

【国际公共关系论】

[平成24年度]
『中国におけるファッション雑誌の研究―瑞麗雑誌社のビジネスモデルを中心に―』
[平成23年度]
『日本のテレビ広告に対するユーモア知覚と広告態度について-中国人と日本人を対象に-』
『リポジショニング戦略に関する一考察-「ミルミル」と「角ハイボール」の事例を中心に-』
『地域ブランド構築における自治体マスコットキャラクターの課題と可能性-北海道自治体キャラクターをケースとして-』
[平成22年度]
『クライシス後信頼回復に関する研究-石屋製菓のケースを通して-』
『UNIQLOCKプロモーション効果に関する研究-消費行動とブランド態度に与える影響を中心に-』
『非営利組織における持続可能な組織運営の研究』
『中小、中堅企業の企業間連携と企業ブランド構築の可能性-㈱アミノアップ化学の事例を通して-』
『中国瀋陽市の都市ブランド作りに関する研究-観光地ブランド構築の取組みを中心に-』
『中国における広告倫理違反への対策に関する研究』
『Konbini as Culturally Marked Place―Capitalism, Konbini, and the Politics of Bent?―』
[平成21年度]
『開発パラダイム・オルタナティブとしてのフェアトレード研究-スロー・ファッション・ビジネスモデルとしてのピープル・ツリー事例分析を通して-』
『持続可能なエスニック・ツーリズムのマーケティング調査-北海道白老アイヌの「ポロトコタン」を事例として-』
『台湾の消費空間に関する考察-消費社会論で7-ELEVENを読み解く-』
『道内ローカル放送局のビジネスモデル分析-海外発信とクロスメディアを中心に-』
『日本企業におけるCSRの可能性-総合商社のケースから考察する本業を通じた社会貢献-』
『中国における日系企業と中国若者のコミュニケーション-広告ケーススタディを通じて-』
『企業が発展する為の戦略的情報伝達~広報とマーケティングを通じて~』
『中国における3G携帯のマーケティング戦略に関する研究』
『札幌市の文化イベントをめぐって』
『中国における日系自動車メーカーのコミュニケーション戦略-エコカーをいかに高所得者層に訴求するかー』
[平成20年度]
『プロサッカーチームにおける"地域密着"要因の分析-コンサドーレを中心に-』
『中国原子力発電市場における東芝原子力事業の可能性-10年ワンサイクルビジネスモデルを中心に-』
『日本の大学における留学生獲得戦略と海外広報について』
『地域産業の育成・発展のためのパブリック-リレーション戦略の提案-札幌創造産業の発展に向けて-』
『中国における日本企業の戦略的CSRコミュニケーションのあり方』
『The effectiveness of product placements in movies:- High-low involvement products, dubbed and undubbed movies, and Levels of prominence』
[平成19年度]
『世界銀行の新たな広報戦略の分析-学生をターゲットとしたステークホルダー拡充プランの考察-』
『北海道におけるレジャー観光商品開発戦略-インターネットコミュニティを利用したスノーレジャー観光を中心に-』
『文化イベントにおける市民の共感創造に関する研究』
『若者の大型消費とインターネットの関係-特に自動車業界において-』
『Luxury marketing and communication―Bulgari Parfums classic lime case in Japan』

【媒体文化论】

[平成24年度]
『日本の多文化共生施策に関する研究―定住外国人のための日本語教育について―』
『遺された1920-30年代ソヴィエトの絵本をめぐる考察』
『障害者のスポーツ参加の障壁と可能性―札幌市のケースから―』
『テレビドラマにおける現代日本女性のイメージ―『Around40』を例に―』
『イギリス映画における「ブラック」の表象分析-1985年以降の「若者の成長」を主題とする作品を対象として-』
『テレビドラマにおける女性のイメージ-キャリアウーマンをめぐる人間関係の表象-』
[平成23年度]
『フランスにおける「食育」に関する取り組み』
『都心のアートスペースの可能性-札幌・OYOYOの事例から-』
『サブカルチャーに見る中国ポストモダンの特色-「秦時明月」を中心に-』
[平成22年度]
『素人による芝居活動の意義~篠路の事例を通して~』
[平成21年度]
『現代イタリア社会と文化的レイシズム-2007年以降のルーマニア人移民問題を通して-』
『メディアがつくる女子高生像-援助交際と「女子高生」のイメージ形成について-』
[平成20年度]
『食文化の変容-食のグローバル化とフランス-』
『日本における国家と芸術概念-《メディア芸術》の生成とグローバル化する社会のブランド・ナショナリズム-』

【多媒体表现论】

[平成23年度]
『特集番組における国家イメージ伝達手法の比較-「激流中国」と「岩松看日本」を中心に-』
[平成22年度]
『NBLT(ネットワーク活用の言語教育)のための中国語学習支援サイトの構築-日本と中国の高校生間の交流型学習者コミュニティー形成-』
『日中化粧文化の比較-中国における化粧リテラシー向上を目指して-』
[平成21年度]
『メディア・コミュニケーションにおける日中の異同と展望-オンライン・コミュニティのあり方にみる-』
『車掌の口、乗客の耳:車内放送のメディア文化史』
『中国人観光客を対象した日本観光情報ポータルサイトのあり方-ユーザビリティの観点から北海道観光ポータルサイト「北海道ぐるり旅」を検証する』
[平成20年度]
『マンガに求められること-WEBマンガを中心に-』

【语言表达论】

[平成24年度]
『子育て中の外国人女性に関する事例研究』
『日本語インタビュープロジェクトの相互行為分析』
『中国語の"N1+的+N2"と日本語の「N1+の+N2」の対照研究―"的"と「の」の使用・不使用に注目して―』
『ニュース番組におけるインタラクションに関する考察』
『日本語オノマトペにおける音象徴と文法現象』
『語末から形成されるフット―動詞のリズムと形容詞のリズム―』
『日本人韓国語学習者における格助詞「에」の習得―典型度・言語転移理論の観点から―』
[平成23年度]
『中国語"V不C"構文の認知言語学的考察』
『スモールトークは外国人農業実習生の円滑なコミュニケーションのためのストラテジーとなりうるか』
『英語句動詞における不変化詞の生産性』
『絵本を題材とした談話分析-昔話絵本『かさじぞう』におけるマルチジャンル-』
[平成22年度]
『オノマトペ(Onomatopeia)に関する日韓対照研究』
『コア(core meaning)が前置詞の選択に与える効果について-時を表すin,on,at,by に焦点を当てて-』
[平成21年度]
『会話形式の文章とメディア・コミュニケーション-キャラクターによるセリフのやりとりの展開を中心に-』
『日本語空間移動動詞の認知意味論的分析-「さがる」「おちる」の考察-』
『日本語の雑談におけるもりあがり-語りへの聞き手の参加と共同注意に注目して-』
[平成20年度]
『メディアの言説における「戦争」メタファーの変遷』
『ケータイに見るコミュニケーション形態の変容』
[平成19年度]
『海外赴任中および帰任後のコミュ二ケーションと再適応』

【语言习得论】

[平成23年度]
『A Multi-Dimensional Perspective on Negation』
[平成21年度]
『コーパス分析による日本語指示詞の習得に関する研究』
[平成20年度]
『日本人大学生の発音学習における失敗原因帰属の考察』
『A Qualitative Study of Language Learning Strategies in Computer Assisted Classroom Discussions from a Social Constructivist Perspective』
『An Inhibition Process of Second Language Learning in a Target Community:A Grounded Theory Analysis of Student Perceptions 』
『Statistical analyses of native and non-native instructor lexical items and student responses found in a co-taught classroom video corpus』
『Sing-Alongs Effectively Improve Linking and Reduce Vowel Epenthesis』
[平成19年度]
『One-year CALL Instruction of Presentation Improves Collaboration and Language Skills(CALL教室における共同と言語機能を高める年間プロジェクト計画)』

【日语语言论】

[平成23年度]
『モーラの観点から見直す中国語の音韻構造』
[平成22年度]
『インターネットを利用した教室外活動における日本語使用と動機づけ-中国における日本語学習者と日本人のSNSによる交流活動から-』
『民間日本語教師養成講座において受講生は他者をどう捉えているか-多様な経験を活用するために-』
『日中両言語における可能助動詞の研究-「能」「会」「可以」と「レル」「ラレル」を中心に-』
『「のだ」文の機能について-情報書きかえ機能とその派生的機能-』
[平成21年度]
『学習者と学習環境の相互作用、その形成と変化-国内日本語学習者の事例研究-』
[平成20年度]
『メキシコにおける初級日本語学習者へのインターネットを使用した学習支援-ブログ活動を通じて学習活動はどう広がったか-』
『ウクライナ木造教会堂建築の特質について』
『日本語第二言語話者による「たぶん」を含む発話連鎖-相互行為分析の観点から-』
『ウクライナにおける大学生の日本語学習動機』
[平成19年度]
『文章産出における構想段階での働きかけのプロセスに関する分析-日本語学習者に対する作文指導のアクションリサーチを通して-』
『ダ体発話を基調とする会話に見られるデスマス体発話-相互行為におけるアクションの視点から-』

【旅游开发论、旅游地区经营论】

[平成24年度]
『過疎地域の廃校を拠点とする創造活動に関する研究―白老町・飛生アートコミュニティーを事例として―』
『災害復興におけるジオパークの役割に関する研究』
『美瑛町における営農者の暮らしと地域資源としての景観に関する研究』
『北京旧市街地における民俗文化の観光活用に関する研究―南鑼鼓巷を事例として―』
『一般参加型のファッションイベントが地域活性化に与える影響―兵庫県神戸市を事例として―』
『中心市街地活性化のための文化資源を活用した観光に関する研究―札幌大通りまちづくり株式会社を事例として―』
『中国長三角地区のテーマパーク競争力の研究―ツーリズムクラスターの概念を使った分析―』
『訪日外国人の受け入れ地域における観光開発に関する研究』
『ローカルアイドルが地域の活性化に果たす役割に関する研究』
『遺跡活用における文化遺産へのアクセスに関する研究』
『「コスプレ」の社会文化史的研究』
『中国個人旅行者向けの新たな観光交通のあり方―北海道におけるクルマの利用を事例として―』
『観光の視点から観たデジタルアーカイブの利用の実態調査』
『札幌における新たなストーリー構築による観光創造に関する研究』
[平成23年度]
『記憶の付与と遺産の成立-記憶の可視化の限界と理想化された遺産概念をめぐって-』『地域におけるインバウンド観光振興戦略の研究-北海道モデルの提言-』
『現代日本人女性のツーリズムに関する研究-労働と余暇の視点から-』
『地域ブランドの主体別形成過程に焦点を充てた研究-函館市を事例対象に-』
『日本におけるフットパス運動と地域支援型農業に関する研究』
『北海道における森林買収の現状と課題に関する研究-外国資本による水資源取得を目的とした事例を中心に-』
『地域資源の活用によるワインツーリズムの効用に関する研究』
『芸術文化の生産消費者にみる創造的参与性の研究-札幌市を事例として-』
『高齢化社会における旅行者支援に関する研究』
『地域における宿泊業の現状分析と供給過剰対策による経営安定化に関する研究』
『中国の「新型ホテル」の観光における可能性に関する研究』
『スポーツイベントの開催が都市に与える影響-広州アジア大会・深セン国際学生スポーツ大会の事例を中心に-』
[平成22年度]
『観光ビジネスにおける顧客関係性マネジメントに関する研究-共創関係の構築に向けて-』
『観光組織のナレッジ・マネジメントに関する研究-鶴雅グループの事例を中心に-』
『グリーン・ツーリズムの組織形態に関する研究-鹿追町と長沼町の比較分析-』
『北海道における観光地経営の展開-川上郡弟子屈町を事例として-』
『新たな文化遺産概念の構築に関する研究-「New Heritage」をめぐる議論を中心に-』
『地域社会における共益形成の原理と課題-沖縄県国頭村「共同店」の事例から-』
『公立美術館の教育的役割に関する研究-札幌芸術の森美術館における子どもの美術体験事業の事例から-』
『観光開発を通した生活の質の向上に関する研究-キャパシティ・ビルディングの可能性と課題を中心に-』
『食文化を背景とした地域ブランドの形成と観光資源としての活用-札幌スープカレーを事例として-』
『観光立国を推進する人材育成の研究-観光創造士制度の設計-』
『メディアとしての物産展に関する研究』
『中国における郷村観光の意義に関する研究』
『日本におけるバックパッカー・ツーリズムの研究』
『戦略的観光立国の研究-タイとシンガポールの事例を中心に-』
[平成21年度]
『継続的産消交流の役割とグリーン・ツーリズム発展に関する研究』
『観光における主体性の向上とリスクマネジメント-アドベンチャーツーリズムにおける事故対策から-』
『地域コミュニティにおける積極的参加の創出メカニズムに関する研究-北海道登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」を事例に-』
『観光と図書館の融合の可能性についての考察』
『新たな交流の場としての居住型ゲストハウスに関する研究-居住者の生活実態を中心に-』
『観光の場にメディアがもたらす影響に関する研究-温泉地を事例として-』
『地域博物館が先住民族文化の継承に果たす役割に関する研究-体験型活動を中心として-』
『新たな都市観光戦略と「創造都市」経営に関する研究』
『出会いの場としての仏教寺院-角田山「妙光寺」と松栄山「了法寺」の事例を中心に-』
『台湾人若者の日本旅行経験に関する研究-ブログ旅行記の分析を中心に-』
[平成20年度]
『北海道観光産業史研究-北海道観光の変遷と構造分析-』
『広域観光を推進する組織のネットワーク形成に関する研究』
『地場食材の観光活用とその社会的インパクトに関する研究-北海道白老町を事例として-』
『情報化社会における自律的観光のあり方に関する研究-アニメ聖地巡礼者の旅行行動の特質とその課題について-』
『芸術家における旅の意義と役割に関する研究-イサム・ノグチの創作活動と旅の履歴から-』
『鉄道事業と地域活力の関係性に関する研究-「鉄道の旅文化」の視点から-』
『観光開発の構造と外部者パワー-開発援助の視点を中心に-』
『阿寒湖畔における地域開発と前田一歩園』
『In Search of Iran's Lost Heritage―The Case Study of Haman (Iranian Public Bath) ―』
『戦略的観光マーケティングによる地域振興の研究』
『観光のパラドックスとライフウエア産業-J. Krippendorfの理論を手がかりとして-』
『考古遺跡の活用による観光創造と地域活性化-世界遺産登録をめざす「北の縄文」広域連携』

【国际地区文化论】

[平成24年度]
『コミュニティの中の居場所づくり―仮設住宅における人々の生活に着目して―』
『観光の視点から観たデジタルアーカイブの利用の実態調査』
『自動車旅行の新たな形態としての車中泊に関する研究』
[平成22年度]
『先住民族居住地における地域文化とは~北海道白老の事例から~』
[平成21年度]
『観光リテラシー研究序説-ディスカバー・ジャパン・キャンペーンの考察から-』
『階級と余暇の指向性-近代のイギリス社会に焦点をあてて-』
『場所の経験としてのツーリズムに関する研究-若い世代の音楽フェスティバルでの体験を事例として-』
[平成20年度]
『学習観光による地域社会活性化の可能性-十勝地域における事例研究-』