トップ > 部内共同研究プロジェクトの紹介 > 多元文化教育の諸相 > 2017-05 2016年度研究成果

部内共同研究プロジェクトの紹介

2016年度研究成果

2017年5月12日 多元文化教育の諸相

<論文>

・寺田龍男(2016)「多文化理解論の実践―東西後朝考―」『北海道大学大学院教育学研究院紀要』127、p. 1–8.

・Jeffrey J. Gayman(2016)「北海道大学での私の教育的取組の内容と理念―アイヌ的な要素が沢山ある環境の中の先住民族教育学、異文化間理解教育、質的研究法―」『北海道大学大学院教育学研究院紀要』127、p. 77–90.

<講演>

・眞﨑睦子「自助組織周辺の人間関係」第7回北海道断酒連合会アメシストの会、2016年6月5日.

・眞﨑睦子「社会問題としての飲酒」第39回6市交通安全連絡会議(砂川市地域交流センターゆうミニホール)、2016年10月.

<その他>

・本プロジェクトの研究分担者である青木麻衣子(国際連携機構)は津々見崇氏(東京工業大学助教)を招聘し、大学院教育学院のおける担当授業「比較・国際教育論2016」で同氏の調査研究手法および内容について、特別講義をしていただいた。主題は北海道石狩市における住民参加のまちづくりについて、主にフィールドワークの意義と課題である。授業履修者のほかに、講座の大学院生も参加し、活発な議論が行われた。