Top Page > The introduction of joint-research projects in this department > The list of research themes of past > 2012-06 計量的言語研究

The introduction of joint-research projects in this department

計量的言語研究

2012/06/30 The list of research themes of past

〇共同研究メンバー(*は共同研究代表者)

高見 敏子(准教授・言語伝達論分野)

園田勝英(教授・言語伝達論分野)

〇研究の概要

計量的言語研究は近年ますますの広がりを見せているが、本研究院・学院においても、言語研究の視点からだけでなく、インターネット上の多様なテキスト情報を研究対象とする広報・ジャーナリズム研究の視点から広い意味での言語の計量的データを扱う研究のニーズが高まっている。しかし、計量言語研究に関する研究会やシンポジウムは道外で開催されることが多く、特に大学院生はそうした研究発表に触れる機会が非常に限られている。そこで、先端的な計量的言語研究を実践している道外各地(名古屋・大阪・京都など)の研究者や統計学の専門家を10名ほど招いて(可能であれば複数回の)講演会やワークショップを開催し、また計量的言語研究に関する情報交換の機会を得たい。

〇期待される成果

ワークショップでは共同研究メンバーもそれぞれ発表を行う計画であるので、招聘研究者の研究発表やフィードバックを参考に発表内容を基にした論文を学会誌等に投稿したいと考えている。