トップ > 入試情報 > 研究を目指す人のために

入試情報

研究を目指す人のために

2012年9月30日

 このページは、広報・ジャーナリズム・言語・メディア文化・観光・現代社会等の研究者を目指そうと考えている皆さんに向けて、また、現代社会においてなんらかの意味で「研究者」でありたいと思っている皆さんのための、「ガイドブック」のようなページです。
最初は「X先生」がごく一般的な視点から「研究者とは」についてお話します。やがて、いろいろな「先生」が次々と登場して、メディアとコミュニケーションにかかわるさまざまなテーマについて「研究とは」「研究者とは」をお話するでしょう。また、実際に行われている研究の姿も出てきます。「研究者でありたい」と思っている方たち、「研究テーマを見つけたい」と思っている方たちの、自由で気楽な「談話室」ですので、このページを参考に、皆さん自身で、研究上の取っ掛かりやヒントをつかんでみて下さい。

○研究談話室(1)―X先生との会話からのヒント

本学院のX教授の部屋に、大学院受験を考えている一人の人(Aさん)が相談に来ました。Aさんはこの対話では社会人ですが、学生と考えていただいても同じです。ただ、X先生によると、最近では社会人の方が多いとのこと。Aさんの質問に答えるX先生というのは、何人かの研究者のイメージを合成して作った人文・社会科学者のイメージです。X先生の考え方は平均的・標準的とはいえないかも知れませんが、そんなに偏ってもいません。どこかにいても全然おかしくない人物です。「研究とは何か」「現代社会において研究者であるとはどういうことか」―そんな疑問をもつ方たちはX先生の説明を聞いてみてください。

○修士論文タイトル

このページでは、皆さんの先輩方が提出した修士論文タイトルを閲覧することができます。先輩たちの論文タイトルには、皆さんの研究テーマを決めるヒントがたくさん隠されています。是非とも眺めてみましょう。

 ○博士論文タイトル

このページでは、皆さんの先輩方が提出した博士論文タイトルを閲覧することができます。博士論文は少しレベルの高い研究ですが、皆さんの研究テーマを決めるヒントももちろんあります。眺めてみましょう。

○学生研究誌

このページの研究誌は、皆さんの先輩である博士学生が中心になって刊行している研究誌です。研究誌のタイトルや論文を見ることができます。

○学院ジャーナル

このページの研究誌は、本大学院で定期的に刊行されている研究誌の最近のものを取り上げてあります。こちらも参考にして下さい。

○部内共同プロジェクト

このページでは、学院の教員や学生が最近行った共同研究プロジェクトを紹介しています。こんなところでも研究のヒントがたくさん埋もれているはずです。