トップ > 入試情報 > 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院2019年4月入学 研究生(外国人留学生)出願要項

入試情報

北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院2019年4月入学 研究生(外国人留学生)出願要項

2018年9月28日

本研究院において,以下要領で研究生を募集します。
なお,大学院国際広報メディア・観光学院進学希望者のみを対象とします。

1.出願期間 
(1)検定料支払期間  2018年10月24日(水)~2018年10月30日(火)日本時間17時まで
(2)出願書類提出期限 2018年11月9日(金)日本時間17時必着
※出願は,インターネット出願サイトにおける出願登録検定料の支払い,および出願書類の郵送が必要となりますので,インターネット出願サイトの利用にあたり,プリンター(必要書類出力用)とメールアドレス(携帯電話のメールアドレスは不可)を必ず用意してください。
 なお,検定料の支払には検定料9,800円のほか支払手数料500円が必要となります。
 ●北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 インターネット出願サイト
 http://e-apply.jp/e/hokudai-imc/

2.研究期間
2019年4月1日~2020年3月31日(1年間)
※ただし,特別の事由があるときは,1年未満とすることができます。

3.出願資格
以下のいずれかに該当する者
(1)大学を卒業した者又は卒業見込みの者
(2)大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者

4.出願書類
(1)入学願書,履歴書及び志望理由書(インターネット出願後に作成(出力)される書類)
(2)研究計画書
  ※計画の内容をA4用紙(目安として一枚あたり40文字×40行)で2枚以内,参考文献リストをA4で1枚以内にまとめること(枚数は厳守)。
(3)最終出身学校の卒業(見込)証明書
  ※卒業年月の記載があるもの。
(4)大学学部成績証明書
  ※大学院を修了した者は,大学院成績証明書も併せて提出すること。
(5)外国籍であることを証明する書類(パスポート・在留カードのコピー)
(6)写真1枚(縦4㎝×横3㎝のカラー写真で光沢があり鮮明なもの)
(7)推薦書
  ※ある場合は提出してください。
(8)日本語の能力を示す証明書(JLPT日本語能力試験 認定結果及び成績に関する証明書)
  ※ある場合は提出してください。ただし,事前に受験し,証明書を提出することを強く推奨します。
(9)TOEIC,TOEFL等のスコアシートのコピー
  ※ある場合は提出してください。ただし,TOEFL iBT,TOEFL ITP, TOEIC公開テスト(TOEFL CBT, TOEFL PBT, TOEIC-IP, TOEIC Bridgeは対象外)のうち,少なくとも1つを事前に受験し,スコアシートを提出することを強く推奨します。

5.出願の流れ
(1)事前に「4.出願書類」(2)~(9)を用意してください。
(2)インターネット出願サイトから出願登録および検定料の支払いをしてください。
   インターネット出願サイト:http://e-apply.jp/e/hokudai-imc/
  ※上記サイトは検定料支払期間(2018年10月24日 日本時間10時から30日 日本時間17時まで)しか利用できません。
(3)検定料を支払い後,インターネット出願後に作成(出力)される書類を印刷し,提出期限までに書類が到着するように出願書類(1)~(9)をメディア・観光学事務部教務担当あてにEMS(日本国内に在住の場合は,書留等の追跡可能な手段)で送付してください。
※検定料を支払った場合であっても提出期限までに本研究院に出願書類が到着しない場合は,出願を受け付けませんので書類については充分に余裕を持って発送してください。
メールでPDFを送ることは固く禁止します。書類は必ず郵送してください。

6.送 付 先
〒060-0817 北海道札幌市北区北17条西8丁目 北海道大学メディア・観光学事務部 教務担当 宛
電話011-706-5116・5137  E-mail kyomu@imc.hokudai.ac.jp

7.出願資格事前審査
「3.出願資格」の(2)に該当する者は,事前に本研究生の出願資格があるか審査を受けなければなりません。
【※「3.出願資格」の(1)に該当する者は,出願資格事前審査に申請する必要はありませんので,「1.出願期間」内に出願してください。】
出願資格事前審査で審査を受ける者は,「4.出願書類」で指定した書類と合わせて以下に掲げる書類を用意の上,期間内にインターネット出願サイトから出願登録し,出願書類をPDFファイルでメールの添付ファイルで送付すること。なお,出願資格事前審査が必要な場合は,出願資格事前審査の結果が出るまで検定料を支払わないこと。
(1)提出書類(「4.出願書類」と併せて提出する書類)
   ・最終出身学校等の卒業証明書
   ・高等学校および最終出身学校の成績証明書
   ※「4.出願書類(4)大学学部成績証明書」を上記成績証明書と読み替えて提出してください。
(2)申請期間
   2018年10月16日(火)~10月22日(月)PDF書類必着(受付時間は午前9時から午後5時まで)
(3)送付先 kyomu@imc.hokudai.ac.jp
出願資格事前審査の結果は,メールにより連絡するので,出願を認められた者は「1.出願期間(1)検定料支払期間」内に検定料を支払い,インターネット出願後に作成(出力)される願書等を印刷の上,出願書類すべてを出願書類提出期限に間に合うように郵送すること。所定の期間内に検定料の支払いがない場合は出願を無効とする。
※出願資格事前審査において出願を認められた者は,本要項の「4.出願書類」および「5.出願の流れ」を確認の上,出願すること。

留意事項
1.将来的に大学院国際広報メディア・観光学院へ進学を希望する研究生のみを対象に募集します
2.原則として,指導を希望する教員と事前に連絡を取る必要はありません(ただし,研究生終了後,引き続き博士後期課程に進学を希望する場合は下記8を参照してください)。指導教員は申請者の希望を基に審査委員が決定します。そのため,出願登録時に指導を希望する教員名を第2希望まで選択してください。すでに多数の指導学生を抱えている教員は新規の受け入れは出来ませんので,予め承知しておいてください。なお,指導希望教員として,観光学高等研究センター,国際教育研究センター,情報基盤センター所属の教員を選択することはできません。各センターに所属する教員の下での研究生を希望する場合は,それぞれのセンターで研究生の募集を行いますので,担当部署へ直接お問い合わせください。
3.すべての書類は,日本語又は英語で書かれていなければなりません。証明書等書類の原本が日本語又は英語以外の言語で書かれている場合は,自国の公的機関で証明した日本語又は英語の訳文を添付しなければなりません。
公的機関:大使館等の政府機関や大学等の教育機関を指す。
4.提出書類(1)の履歴書の履歴は,大学卒業以降,出願の時点までの期間について,空白がないよう,すべて記載してください。
5.提出書類(7)の推薦書は,推薦者の所属機関名が刻印された公式用箋を用いてください。
6.提出書類(8)「JLPT日本語能力試験」および(9)「TOEFL iBT,TOEFL ITP,TOEIC公開テスト」の証明書・スコアシートは,過去3年間に受験したことがある場合,試験成績・点数のページを含めて必ず提出してください。
7.提出書類に虚偽の記載及び不備が発見された場合は,入学許可を取り消すことがあります。また,出願手続き後は,書類の変更を認めません。なお,提出された書類は一切返還しません。
8.研究生終了後,引き続き博士後期課程へ進学を希望している場合は,出願期間前までに希望教員と連絡をとり,内諾を得ておく必要がありますので,注意をしてください。
9.ウェブサイトや書籍,論文,新聞記事等から出所を明記せずに引用や「コピー&ペースト」を行って研究計画書を作成していることが明らかになった場合は,書類審査の対象から外します。

添付ファイル