トップ > 新着情報 > シートン教授、山村教授、張博士研究員等の共著『Contents Tourism in Japan: Pilgrimages to "Sacred Sites" of Popular Culture』の書評が掲載されました

新着情報

シートン教授、山村教授、張博士研究員等の共著『Contents Tourism in Japan: Pilgrimages to "Sacred Sites" of Popular Culture』の書評が掲載されました

2017年8月2日

2017年6月3日、Japan Timesウェブサイトに、シートン フィリップ教授(メディア・コミュニケーション研究院現代日本語部門)、観光創造論講座・山村高淑教授、張慶在博士研究員等の共著『Contents Tourism in Japan: Pilgrimages to “Sacred Sites” of Popular Culture』(Cambria Press, 2017) の書評記事が掲載されました。
著者:Philip Seaton, Takayoshi Yamamura, Akiko Sugawa-Shimada, and Kyungjae Jang
書籍紹介:Cambria Pressウェブサイト
書評:Japan Timesウェブサイト