トップ > 新着情報 > 平成31年度デスティネーション・マネージャー育成プログラム募集要項

新着情報

平成31年度デスティネーション・マネージャー育成プログラム募集要項

2019年1月10日

※募集要項はこちらからダウンロードできます。

履修証明制度とは
 平成19年の学校教育法の改正により、大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校(以下「大学等」という。)における「履修証明制度」が創設・施行されました。
 大学等では、これまでも科目等履修生制度や公開講座等を活用して、その教育研究成果を社会へ提供する取組が行われてきたところですが、より積極的な社会貢献を促進するため、学生を対象とする学位プログラムの他に、社会人等の学生以外の者を対象とした一定のまとまりのある学習プログラム(履修証明プログラム)を開設し、その修了者に対して法に基づく履修証明書(Certificate)を交付できることとしました(法第105条等)。
 ※文部科学省ホームページ「履修証明制度」
 http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shoumei/

デスティネーション・マネージャー育成プログラム
 国際広報メディア・観光学院では、「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役を担う法人として、観光庁が推進する日本版DMO(デスティネーション・マネジメント・オーガニゼーション)において、中心となって活躍する人材を育成するプログラムとして、2017年6月より、日本で初めて「デスティネーション・マネージャー」育成のための履修証明プログラムを開講します。本プログラムは社会人を対象とした1年間のカリキュラムで、修了者には北海道大学総長名による「履修証明書」(Certificate)が交付されます。本プログラムを履修することで、履修者本人のキャリアアップや、より高度な実践力を身につけて観光地域づくりに活用することが期待されます。

 本プログラムは、地域観光資源の発掘から、実際の誘客に至るまでの観光地域づくりの各プロセスに関する専門知識を身につけ、地域の現場でこれらを活用できる実践的な技能を有する人材の育成を目的とするもので、国策として進められている「日本版DMO候補法人」に加え、今後候補法人への登録を目指す観光関連団体(観光協会、事業者組合、商工会、NPO等)の中核を担う人物や、行政の観光関連部署に所属する人物を受講生として想定しています。そのため、講義は主に夜間開講や休日等を利用した集中講義形式となっており、観光の現場で活躍する現役の人材が受講しやすい枠組みになっています。

 プログラムの中心は、地域資源の保護・活用、それらを通じた観光振興の方策や関連法制度、観光関連産業の市場構造や事業運営の仕組み、観光政策や観光振興を目的とした官民連携・協働のあり方や資金調達の手法、旅行者の誘致に資する効果的なプロモーション手法等に関する、専門的な理論と実践的な技能を身につけるための講義となっており、北海道大学構内(札幌市)で行われる座学形式の講義だけでなく、国際広報メディア・観光学院および観光学高等研究センターが連携する道内の自治体に出向いてのフィールド型演習も組み込まれています。また、観光分野全般にわたる専門的知見を身につける必要から、国際広報メディア・観光学院(観光創造専攻)の正規科目だけでなく、高い専門性と実践力の養成をはかるため、本プログラム独自開講の「実践講習」科目も受講します。

 プログラムの修了者に対しては、教育プログラムの内容と質を保証する、北海道大学総長名による「履修証明書」を交付します。併せて、本学院が課した課題を終え一定の条件を満たした受講生には「デスティネーション・マネージャー」の称号が授与されます。
(注1)「デスティネーション・マネージャー」は、国や自治体、民間研究機関が行う類似のプログラムとの差別化や、本プログラムによって輩出される人材像が地域における観光振興を担う実質的な資格として社会に広く認知されることを目的とし、商標登録されております。

【詳 細】
名  称:デスティネーション・マネージャー育成プログラム
受講期間:1年
受 講 料:177,600円
履修証明書の交付:
特論、演習、実践講習の総時間数138時間以上を受講し、かつ、各科目の試験に合格した受講生には修了を認め、履修証明書を交付します。
募集人員:5名
履修資格:北海道大学大学院通則第10条第1項に規定する者、またはそれに相当する学力を備えていると国際広報メディア・観光学院教授会が認めた者。
申し込み期間:平成31年1月21日(月)~ 1月25日(金)必着
※本学院の学生の申し込み期間は、4月1日(月)~ 4月5日(金)必着
選考方法:書類審査
募集要項はこちらからダウンロードできます。
ただし、本学院が必要と認めた場合に限り、書類審査と併せて個別に面談を実施する場合があります。
面談が必要な場合には、申請者に個別に連絡の上、面談日を調整します。
自治体・観光協会等に所属している方向けの支援制度について:
本学院との連携協定に基づき、公益財団法人はまなす財団では自治体・観光協会等から本履修証明プログラムに参加される方を対象に受講料等についての支援を検討中です。
本支援制度については1月15日以降に同財団ウェブサイトにて詳細が発表される予定です。
詳細は下記ウェブサイトをご覧下さい。
URL: https://www.hamanasu.or.jp/

お問い合わせ先
北海道大学 メディア・観光学事務部教務担当
TEL:011-706-5137 FAX:011-706-7801
E-mail:kyomu@imc.hokudai.ac.jp