トップ > 新着情報 > 西川教授、岡本准教授、金准教授、石黒准教授らによる『フィールドから読み解く観光文化学:「体験」を「研究」にする16章』(共編著)出版のお知らせ

新着情報

西川教授、岡本准教授、金准教授、石黒准教授らによる『フィールドから読み解く観光文化学:「体験」を「研究」にする16章』(共編著)出版のお知らせ

2019年4月12日

観光文化論講座・西川克之教授、岡本亮輔准教授、金成玟准教授、観光創造論講座・石黒侑介准教授らによる書籍『フィールドから読み解く観光文化学:「体験」を「研究」にする16章』(共編著)がミネルヴァ書房より出版されました。

【内容紹介】
歩きまわる研究者たちの実践。
研究者はフィールド調査での忘れられない出来事を研究対象としてどう問題化するのか。観光研究の多様なアプローチを追体験しよう。
観光における文化とは何だろうか。本書では、書き手が観光で体験したユニークなエピソードから、そこに潜む文化的背景まで解説していくテキストであり、観光文化を多角的に読み解くための方法論を学ぶことができる。

【目次】
序 章 観光と近代——まなざし・真正性・パフォーマンス(西川 克之)
第1章 観光振興がもたらす不幸——マーケティング論から定義するDMOの意義(石黒 侑介)
第2章 本物の観光資源はどこにあるのか——真正性から真摯さへ(岡本 亮輔)
第3章 舞台としての観光地——「小江戸川越」を創造する空間とパフォーマンス(鈴木 涼太郎)
第4章 開発が変える地域——白川郷・竹富島のコミュニティ・ベースド・ツーリズム(麻生 美希)
第5章 農村民泊が直面しているもの——境界をまたぐ実践の良さと困難(越智 正樹)
第6章 文化遺産は誰のものなのか——台湾における日本統治時代の建築(波多野 想)
第7章 リズムを消費する——K-POPとソウルのトランスな観光空間(金 成玟)
第8章 関係性としての地域開発——佐渡の集落に見る伝統・街並み・再帰性(門田 岳久)
第9章 観光の領域横断的な拡がり——中国ムスリムの宗教/観光実践(奈良 雅史)
第10章 観光の政治性、そして人類学——チベット・ラサの観光空間から(村上 大輔)
第11章 観光客の違法ビジネスが作るグローバル市場——タメルにおける宝飾商売の事例(渡部瑞希)
第12章 旅行会社のみせる「安心」——リスクの多様性と多元性(田中 孝枝)
第13章 冒険としてのバックパッキング——「怖いもの見たさ」の根源を探る(大野 哲也)
第14章 社会運動のための旅、社会運動としての旅——サミット・プロテストとプロテスト・ツーリズム(富永 京子)
第15章 不自由な境域観光 ボーダーツーリズム——沖縄台湾間の移動と観光の変化(越智 郁乃)

『フィールドから読み解く観光文化学:「体験」を「研究」にする16章』表紙