トップ > 新着情報 > 中国語ティーチングアシスタント(TA)の募集

新着情報

中国語ティーチングアシスタント(TA)の募集

2019年11月11日

外国語教育センター(中国語教育系)では、2020年度(第1学期 and/or 第2学期、各15週)の全学教育中国語の授業補助を担当するTAを以下のとおり募集します。

応募者は応募専用電子ファイル(下記URLよりダウンロード可)に必要事項を記入し、担当教員(王 WangBing@imc.hokudai.ac.jp)宛メールに添付して申込んでください。
申請書ダウンロード: https://www.imc.hokudai.ac.jp/news/2020Application.xlsx

【申し込み期限】 2019年12月20日(金)17:00まで。
申し込み受け付け後、面接の実施要領をメールでお知らせします。(面接は基本的に2020年1月7日(火)~8日(水)に実施予定ですが、個別に調整にも応じます)

【TAの業務内容】 *1コマ=90分授業+前後の各15分で2時間の勤務となります
①教室での教学活動の補助(発音・朗読の指導、学生との対話練習の指導、グループ学習の補助等)、②教材作成の補助、③CALL教室での授業進行の指示、PC等機材の操作等。

【時給】 修士課程1,200円、博士課程1,350円【予定】

【応募資格】
○2020年4月に本学大学院の修士課程・博士課程に正規生として在籍することが決定している者(北大の大学院への進学が既に決定(合格)している大学4年生、研究生等も可)。
[注意] 2020年度に休学予定の者は休学期間中の担当不可。学期途中(6月、12月)で修了・退学の可能性がある者は当該学期の担当不可。
○進学が最終決定していない場合は今回正式採用することはできませんが、応募申請書を提出した者は、人員の補充が必要になったときの候補者リストに登録します。
○第1学期・第2学期の両方、また、どちらか一方だけの応募も可能です。
○外国人の場合は「資格外活動許可書」の提出が必要になります。
○TAの業務内容に鑑み、以下の条件を満たす人物とします。
(1) 中国語の「普通話」を標準的な発音で話すことができる方。(日本人も応募可)
(2) 現代中国語の発音表記「拼音(ピンイン)」をきちんと読むことができる方。
(3) 大きな声で発音指導ができ、積極的に学生の中に入っていくことができる方。


【応募に際しての注意事項】
(1)【重要】採用時に指導教員の許可が必要です。申請前に必ず認可を得てください。
(2)【重要】採用された場合、辞退や担当授業の欠勤・交替は安易にできないものとご理解ください。故に、研究(フィールド調査等含む)や論文執筆の計画や就職活動等の予定を十分考慮した上で、無理な応募をしないようご注意ください。
(3)【重要】新規任用者は4月初めのTA研修会への参加が義務(必須条件)です(過去に出席実績がある場合は免除)。 第2学期のCALL授業(月1、月2、火4、木3)の担当になった方は基本的に9月下旬のTA研修会にも出席をお願いします。
(4) 選考結果の通知は1月下旬頃に行います。
(5) 採用内定後、「履歴書」「口座振込依頼書」等を提出していただきます。
(6) 本学保健センターで行なわれた2019年度の定期健康診断の全検査項目を受診していない場合は、保健所等で発行した健康診断書(有料)の提出が必要になります。
(7) 応募者多数の場合や希望の時間帯、面接結果によって、ご希望にそえない場合がありますので、予めご諒承ください。

中国語TA担当教員:王 冰 WangBing@imc.hokudai.ac.jp