ホーム > 研究院紹介 > 教員プロフィール一覧 > 伊藤 直哉

研究院紹介

教員プロフィール一覧

伊藤 直哉 / ITO Naoya

伊藤 直哉
職 名:
教授
担当分野:
国際広報論

担当授業

情報戦略論演習

授業内容

Web2.0時代のメディア戦略を考察する

 情報戦略論では、伝統的な4大メディアに加えて登場した5番目のメディア、インターネットの特性も考慮しながら、Web2.0時代の効果的なメディア戦略を考察する。
CGMやソーシャル・メディアの台頭により、既存の情報戦略は大きなパラダイム・シフトを迎えている。メディア効果は、いまやネット上の影響を考慮しなければ、正確に把握することができない時代を迎えている。では、ネット上のコミュニティでは、どのような情報が生成、伝達、消費されているのであろうか?コミュニティ内の情報交換により、どのような相互影響関係が成立しているのであろうか?このような疑問に答えながら、本演習では、Web2.0時代の広報戦略やマーケティング戦略を総合的に考察する。関連する学問領域は、広報論、マーケティング論、メディア効果論、情報行動論、消費行動論、Web2.0理論、ネット・コミュニティ分析論、データ分析論等々を予定している。

経 歴

ルーヴァン・カトリック大学(ベルギー)大学院博士課程修了。研究テーマは、広報・マーケティング論、情報戦略論、観光情報学、教育工学等。最近の研究は、Web2.0やCGMの情報環境分析、行動分析、戦略分析を中心に活動を行っている。研究テーマに一貫しているキーワードは「情報」。情報を切り口に、それぞれの個別研究テーマは通底している。社会科学の立場から、社会科学と情報科学の融合を目指す。

所属学会

観光情報学会理事、IFITT日本支部長、e-learning教育学会理事、情報文化学会、広報学会

電子メール

naoya@imc.hokudai.ac.jp

研究領域

広報・マーケティング論、情報戦略論、観光情報学、教育工学