鈴木 純一 / SUZUKI Junichi

  • 鈴木 純一
    職名:
    教授
    担当分野:
    公共伝達論

担当授業

公共社会論演習

授業内容

公共社会の観察を観察する

現代を「二次観察(観察の観察)」の時代とする社会理論がありますが、現代社会を捉えるには、対象そのものの観察(一次観察)のみならず、人々が行動指針として対象をどのように観察しているかを観察(二次観察)する必要があります。このような意識のもと、現代公共社会の特性を、公共圏論、意思決定論、社会システム論、メディア論等多角的視点から考察し、その観察の方法論を、学生の皆さんそれぞれの研究領域に接続するのが授業の目的です。マクロとミクロの視点、メタとオブジェクトの視点、理論と実践を往還しつつ、独自の観察を作り上げていく楽しさを、一緒に味わっていきましょう。

略歴・主要業績

東京大学大学院人文科学研究科修了。ドイツ・マンハイム大学留学。現在は、ハーバマスの社会的コミュニケーション論、ルーマンの社会システム論、認知メタファー論を理論的な柱にして、公共圏・メディア・移動交流に関する観察・記述・分析の方法論を研究。論文は『社会理論における観察概念から見たメタファーの機能』等。

北海道大学研究者総覧 個人ページ

所属学会

日本独文学会、情報文化学会、社会思想学会。

電子メール

jun@imc.hokudai.ac.jp

研究領域

ドイツ社会思想。公共社会・メディア論。ヨーロッパ文化・文学。メタファー・テクスト論。