ホーム > 研究院紹介 > 教員プロフィール一覧 > 浜井 祐三子

研究院紹介

教員プロフィール一覧

浜井 祐三子 / HAMAI Yumiko

浜井 祐三子
職 名:
准教授
専 攻:
国際広報メディア専攻
担当分野:
メディア文化論

担当授業

エスニック文化社会論

授業内容

多文化社会におけるメディア文化を考える

私の授業では、専門地域であるイギリスの事例を中心に、移民・難民などの流入により、文化やエスニシティの多様性が増した社会においてどのような問題が生じているのか、またそこで教育、メディアなどがどのような役割を果たすのかについて扱います。それによって、国民国家の境界を越えた人の移動が活発化した現代世界、その結果生じてきたいわゆる「多文化社会」においてどのような方策が必要とされているのか、またそのような社会を分析する手法として、どのようなアプローチが可能であるかについて考えることになるでしょう。受講生の関心は多文化主義教育に関心のある方、メディアとマイノリティの関係に関心のある方、一般に移民や難民など国境を越えた人の移動による社会の変化に関心がある方、等々年々様々ですが、イギリスにおける事例を通して、日本という社会の多文化状況、多文化化といったものについて考えを新たにする受講者も多いようです。

経 歴

東京大学総合文化研究科博士課程中退。主著は『イギリスにおけるマイノリティの表象~「人種」・多文化主義とメディア』(三元社、2004)、「多民族・多文化国家イギリス」(木畑洋一編『現代世界とイギリス帝国(イギリス帝国と20世紀第5巻)』、ミネルヴァ書房、2007)、「『帝国の残滓』~ウガンダからのアジア人流入とイギリス社会」(木畑洋一・後藤春美編『帝国の長い影』、ミネルヴァ書房、2010)。

所属学会

日本西洋史学会、日本国際政治学会

電子メール

hamai@imc.hokudai.ac.jp

研究領域

イギリス現代史、地域研究、特に現代イギリスの移民研究