ホーム > 研究院紹介 > 教員プロフィール一覧 > 野澤 俊敬

研究院紹介

教員プロフィール一覧

野澤 俊敬 / NOZAWA Toshitaka

野澤 俊敬
職 名:
教授
担当分野:
多元文化論

授業内容

21世紀に日本と中国は、政治、経済、そして文化のあらゆる領域で、様々な摩擦をともないながらも、ますます関わりを深めてゆくことになるでしょう。私はこれまで主に現在中国の文学や映画について研究してきましたが、いま最も関心のあるテーマは、日本と中国の文化面における摩擦・軋轢の解消及び両国の民族の共生と協力の望ましいあり方を追究することです。特に映像文化やメディアの分野において、様々な歴史的・文化的要因によって形成される狭隘なナショナリズムを背景にした偏見やステレオタイプの克服が重要であると考えています。
 また、東西の様々な文化の坩堝として発展してきたアジアの大都会上海をモデルケースとして、近代からの歴史的経緯をふまえつつ現在の多文化混成の動態を多角的に把握し、多文化社会における多民族共生のあり方を考察したいと思っています。

経 歴

・「上海文学散歩」、2000年7月、『しにか』(大修館書店)
・木ノ内誠編『上海歴史ガイドブック』「上海近代史年表」、1999年6月、大修館書店
・「中国映画の中の日本人――日中戦争を時代背景にした映画の場合」、1997年3月、北海道大学『言語文化部研究報告叢書』第16号

電子メール

nozawa@imc.hokudai.ac.jp

研究領域

現代中国文化論、日中比較文化論、多文化共生論