ホーム > 研究院紹介 > 教員プロフィール一覧 > 寺田 龍男

研究院紹介

教員プロフィール一覧

寺田 龍男 / TERADA Tatsuo

寺田 龍男
職 名:
教授
担当分野:
多元文化論

担当授業

多文化理解論B

授業内容

1.中世ドイツ文学の発信型研究の試み(日本文化を出発点として) 2.留学生と日本の大学

1.中世ドイツ語圏の英雄叙事詩と日本の軍記物語との比較・対比に従事してきました。この研究を続けつつ、発信型のドイツ文学研究をしたいと考えています。日本の宮廷文学・宗教文学などの作品群にはドイツなど西洋の研究者に大きなインパクトを与えられる要素が数多くみられるからです。ただし、某国で博士論文として受理された「『ニーベルンゲンの歌』とドイツ社会民主党」のような比較ではなく、あくまで実証的な研究を目指しています。
2.その日本も東アジア文化圏から大きな影響を受けており、発信型研究を目指す者として関心をもっています。しかしそれらの国や地域から来日した留学生のみなさんにはそれぞれ固有の学習伝統があり、日本での学習・研究に戸惑う人が少なくありません。その問題をいかにして解決するかを考えています。

経 歴

2007年 北海道大学大学院教育学院教授
1. Der Wortschatz bei >Virginal< - Versionen (V10), (V11) und (V12) -. Teil 3: Topoi. 『メディア・コミュニケーション研究』59号 (2010), 77-94.(URI: http://hdl.handle.net/2115/44398)
2. Der Wortschatz bei >Virginal< - Versionen (V10), (V11) und (V12) -. Teil 2: Heiden und ausser- sowie uebernatuerliche Wesen. 『メディア・コミュニケーション研究』58号 (2010), 137-152.(改訂版URI: http://hdl.handle.net/2115/44813)
3. Der Wortschatz bei >Virginal< - Versionen (V10), (V11) und (V12) -. Teil 1: Kriegerbezeichnungen. 『独語独文学研究年報』(北大)36号 (2009), 62-79.
(改訂版URI: http://hdl.handle.net/2115/44810)
4. 「軍記物語と英雄叙事詩(5)―概念規定の諸問題―」『メディア・コミュニケーション研究』57号(2009), 35 - 54.
(URI: http://hdl.handle.net/2115/40057)
5. Der Mongolen-’Sturm’ in Ost und West. 『独語独文学研究年報』(北大)33号 (2006), 69-87.
(URI: http://hdl.handle.net/2115/18958)
6. Literarische Darstellungen eskalierender Schlachten im Mittelalter. Ein Ansatz zum Ost-West-Vergleich. (2006) In: Von Mythen und Maeren. Mittelalterliche Kulturgeschichte im Spiegel einer Wissenschaftler-Biographie. Festschrift fuer Otfrid Ehrismann. Hrsg. von Gudrun Marci-Boehncke / Joerg Riecke. Hildesheim: Olms, S. 626-643.
7. Kriegerbezeichnungen in der Dietrichepik. 『独語独文学研究年報』(北大)32号 (2005), 57-79.
(URI: http://hdl.handle.net/2115/26186)

所属学会

日本独文学会、史学会、西洋中世学会、軍記・語り物研究会、北海道教育学会、留学生教育学会

電子メール

tterada@imc.hokudai.ac.jp