ホーム > 研究院紹介 > 教員プロフィール一覧 > 眞崎 睦子

研究院紹介

教員プロフィール一覧

眞崎 睦子 / MASAKI Mutsuko

職 名:
准教授
担当分野:
多元文化論

担当授業

国際多元文化教育基礎論I(日米自助グループの比較 等), 異文化受容論B(ヒトの移動と教育)

授業内容

教育社会学、教育学、教育人類学

栞(しおり)の研究をしています。

「栞って、読みかけの本にはさむ?」

 はい、もともとは「枝折(しおり)」記し、旅人が山道などで木の枝を折りかけ、後進のための道標(みちしるべ)としたものです。私は人々が新たな環境に移動するとき、どのような栞を手にするかに関心があります。例えば、100年ほど前、「移民」としてアメリカ大陸に渡った人々に配布された一枚刷りの教育リーフレットや数ページからなるパンフレット。拙著、『渡米移民の教育―栞で読む日本人移民社会』では、これらの栞をもっとも小さな「紙上の学校」として紹介しています。
 最近では「自助組織(自助グループ)」という教育の場についての研究をすすめています。例えば、酒害者と呼ばれる方々やそのご家族はどのような栞―道標を頼りに、酒の影響を受けない環境へと移動しているのでしょうか。
 このように、教育のあり方は百態、資料収集の場でお目にかかるすべての方々が私の栞です。

経 歴

・<単著>『渡米移民の教育-栞で読む日本人移民社会』、大阪大学出版会、2003年12月
・<項目執筆>「北米・ハワイの日本語」(真田信治・庄司博史 編『事典 日本の多言語社会』)岩波書店、2005年10月
・<学会発表>
 Japanese College Students’ Awareness of Drinking and Alcohol Use in their Lives 2003年7月 The Learning Conference 2003 (Institute of Education, University of London)

研究領域

教育社会学、教育学、教育人類学