ホーム > 研究院紹介 > 教員プロフィール一覧 > 川越 慶太

研究院紹介

教員プロフィール一覧

川越 慶太 / KAWAGOE Keita

川越 慶太
職 名:
客員教授
専 攻:
国際広報メディア専攻
担当分野:
国際広報戦略論

担当授業

公共経営戦略コミュニケーション演習

授業内容

公的組織を題材に、実践的コミュニケーションの方法を体得する

本演習では、公的な組織を題材に、経営にまつわる戦略的なコミュニケーションを、当該組織の設置目的や社会的な環境変化、コミュニケーションに関するトレンドの変化などを幅広く理解した上で適切に組み立てる方法を身につけます。演習を通じ、他の組織・他の場面においても応用可能な実践知が身につくことを目指します。
演習の中では、コミュニケーションの基礎となる論理的思考力や論理的コミュニケーション力(プレゼンテーション、ライティング、グループディスカッション等)についても体系的に解説し、また演習を通じて個々人の実践力を磨きます。
本演習は、概ね1ヶ月に1回の集中講義とし、合計5回開講します。基礎知識を得るための講義と、具体的なテーマをもとにしたグループワーク、ディスカッション、プレゼンテーションを行い、アウトプットに対する講評とともに、個々人のスキルアップに繋がるアドバイスも行います。

経 歴

91年早稲田大学第一文学部卒、(株)野村総合研究所入社。地域政策、パブリックマネジメント改革、官民連携(PPP)、途上国の社会課題解決(BOPビジネス)など公共セクター向けコンサルティングに従事。広島県政策スタッフ(出向)や福岡市経営改革アドバイザー、内閣府公益認定等委員会参与などを歴任。その後、広報課長を経て現在はコンサルティング人材開発室長として本部の人事・人材育成を担当。主著/『BoPビジネス戦略』(東洋経済新報社、2010年)、「民業化する公的サービス」(『知的資産創造』野村総合研究所、2003年)等。