ホーム > 研究院紹介 > メディア・コミュニケーション研究院長あいさつ

研究院紹介

メディア・コミュニケーション研究院長あいさつ

メディア・コミュニケーション研究院長

メディア・コミュニケーション研究院は、前身の国際広報メディア研究科および言語文化部を改組して2007年に設置された、広報・ジャーナリズム研究、言語・コミュニケーション研究、および文化研究を主な柱とする教員組織です。所属教員の専門分野については教員プロフィールのページをご覧いただきたいと思いますが、その領域はたとえばマスメディア研究から理論言語学、また市民社会論から観光社会学と極めて広い範囲に及び多様性に富んでいます。それは、本研究院における研究対象が、現代のメディア環境や社会的コミュニケーション関係の分析に軸足をおいていることの反映にほかなりません。つまり複雑化し流動化した現代社会のあり様に考察を加えようとすれば、その対象に応じて必然的に分析の枠組みも柔軟かつ多様であることを求められます。こうして私たちは研究の視点の柔軟さを常に意識していますが、そのためには領域を横断した共同によって新しい知見を持ち寄りつつ、これまでにはなかったような視界のもとで対象を見つめ直してみることが重要です。こうして本研究院では種々の共同研究プロジェクトを組織的に推進しています(具体的な研究テーマについては「部内共同研究プロジェクト」のページをご参照ください)。そして、そうした共同・協働は研究院内に留まるものでは決してなく、文系・理系を問わず学内他部局や、民間企業および官公庁等の外部組織との連携も盛んに試みられております。さらに、そうしたネットワークは、本研究院の附置組織である東アジアメディア研究センターおよびメディア・ツーリズム研究センターを中心に、海外の研究者や組織にも拡大しており、地域や文化の違いを超えて課題解決の試みがなされております。人・モノ・情報・資本の越境的な移動が常態化し、ますますそれらの流動性が高まっている現代的状況の中では、こうした国際的ネットワークの拡張と実質化も、私たちの研究を推進する上で必須の要件であると認識し、さまざまな取組を展開しています。

さて、本研究院の所属教員のほとんどは、本学の外国語教育センターにおいて、学部初年次学生を対象とした全学教育外国語科目を主として、本学の外国語教育の企画・実施・運営業務を兼務しております。それは、日本の基幹大学のひとつである本学における、学生の外国語能力向上や異文化理解の増進を目標とした、キャンパスのグローバル化という喫緊の課題の解決につながる極めて重要な任務です。こうして私たちは、外国語教育に関わる教育スキルの向上に努めつつ、学際的、国際的な協働によって得られた研究成果を、大学という研究の場に入ってから間もない学生にも還元すべく努力を重ねてきています。さらにまた、本研究院の構成員の多くは国際広報メディア・観光学院および教育学院に所属して、実践性の高い多様な大学院教育にも従事しております。それは本研究院における研究活動と密接に相互連関したものであり、私たちの研究成果は学生への教育を通して、あるいは時には、学生との協働によって可能になるものであるとも言えます。

こうして本研究院は、研究対象や分析の枠組みが多面的であるのみならず、教育研究の業務内容や組織運営上の責任という側面においても複層性を有していますが、今後もこうした複層性をこそ私たちの特徴であり強みであると自覚し、組織内外、地域内外、国内外との連携や協働をこれまで以上に積極的に推進して行きたいと考えております。

大学院メディア・コミュニケーション研究院長
西川 克之