ホーム > 研究院紹介 > 教員プロフィール一覧 > 増田 哲子

研究院紹介

教員プロフィール一覧

増田 哲子 / MASUDA Noriko

職 名:
准教授
専 攻:
国際広報メディア専攻
担当分野:
メディア文化論

担当授業

視覚文化理論演習

授業内容

身体を揺さぶる「イメージ」とは何か

 これまで、18世紀スペインの画家フランシスコ・ゴヤの作品を対象として研究を行ってきました。ゴヤ
の作品は主題も技法も多岐に渡りますが、私は次の2点の問題にとくに関心をもっています。ひとつは、「近代」という時代の面白さです。ゴヤは18世紀末から19世紀へという、西欧における大きな思想的・文化的転換期に制作を行っていました。ゴヤの芸術作品には、古典主義的な世界から近代へという歴史的なうねりや揺れ動きが、ときにグロテスクに、ときに率直に描写されています。もうひとつは、「イメージが持つ力、鑑賞者に喜び、快楽、動揺、恐れ、あるいは不安や羞恥といった「身体的」とも言える作用をもたらすイメージの力の問題です。たとえば、ゴヤが描いた残酷な戦争の場面を初めて観たときの「ショック」とは何なのでしょう。イメージが私たちに及ぼす力や作用について知るためには、その主題や内容を分析・読解しただけでは不十分です。授業では、この問題に焦点を当て、イメージへの多様なアプローチの仕方や扱い方について、美術史の研究手法をふまえつつ、哲学や文学の概念も参照しながら紹介していきたいと思います。

経 歴

筑波大学大学院博士課程人文社会科学研究科修了。博士(文学)。「ゴヤの《わが子を食べるサトゥルヌス》における「食べること」のイメージ」(『美学』239号, 2011年)、「フランシスコ・ゴヤの『戦争の惨禍』における傷ついた身体とアブジェクトな身体」(『論叢 現代語・現代文化 筑波大学人文社会科学研究科』第4号 2010年)等。

所属学会

美学会、スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会

電子メール

nrkmasuda@imc.hokudai.ac.jp

研究領域

近代西洋美学・美術史、スペイン美術、視覚文化研究