ホーム > 研究院紹介 > 教員プロフィール一覧 > 金山 準

研究院紹介

教員プロフィール一覧

金山 準 / KANEYAMA Jun

金山 準
職 名:
准教授
専 攻:
国際広報メディア専攻
担当分野:
公共伝達論

担当授業

社会認識論演習

授業内容

「社会」とは何か

19世紀以来の政治・社会思想における主要な問題の一つに、「社会」という概念があります。個人間の関係のいわば総体としての「社会」は、すべての個人にかかわる現実的な問題であり、「公共」が問われる一つの重要な場です。いまや日常語として広く通用している「社会」概念ですが、これはたしかにあらゆる人間に関わる一方で、個々人の活動や性質には還元することのできない、ある抽象的・仮想的な性質を帯びています。実際、この概念の歴史的な変遷と多義性をみれば一目瞭然のとおり、「社会」について何らかの問いを立てることはまったく自明の営みではありません。以上のような「社会」とはいかなる秩序であり、またいかにして認識されるべきものと考えられてきたのでしょうか。またそこで「公共」はいかなるかたちを取っており、また取りうるでしょうか。これらの問いについて、とりわけ近代社会科学史上の古典的文献を素材として検討します。

経 歴

2001年、東京大学教養学部卒業。2010年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。論文として、「神話と機械――ジョルジュ・ソレルと二〇世紀「社会主義」――」(『思想』1002号、2007年)、「A・グラムシにおける規律と「ヘゲモニー」(『国際広報メディア・観光学ジャーナル』第9号、2009年)、東京大学大学院総合文化研究科博士課程論文「ジョルジュ・ソレルの思想とソレル主義の展開」(未公刊、2010年)など。

所属学会

社会思想史学会、政治思想学会、日仏社会学会、政治経済学会

電子メール

kaneyamaj@imc.hokudai.ac.jp

研究領域

フランス社会思想史