ホーム > 研究院紹介 > 教員プロフィール一覧 > 原田 真見

研究院紹介

教員プロフィール一覧

原田 真見 / HARADA Mami

原田 真見
職 名:
准教授
専 攻:
国際広報メディア専攻
担当分野:
メディア文化論

担当授業

ジェンダー社会文化論演習

授業内容

「ジェンダー」の視点で社会・文化の成り立ちを考える

ジェンダー区分は、社会における女性/男性(あるいはそれら以外の性)の“見方”の枠組みを構成することにより、私たちの生活のあらゆる側面に関わっていると言える。この女性観・男性観の枠組みを構築する大きな力となっているのがメディアである。フェミニズムとともに発展してきたその歴史ゆえに、ともすれば「ジェンダー=女性の問題」と捉えられがちであるが、「ジェンダー」の視点は女性に限らず、マイノリティ、男性、社会の在り方/表象のされ方を問う基礎を提示してくれる。この授業では、メディアにおける女性・男性表象を扱う文献(主として英語論文)を読みながら、ステレオタイプ形成の問題点や、メディアが女性・男性のアイデンティティ、更には社会全般に及ぼす影響について考えていく。また、開講年度によっては地域研究への応用としてニュージーランドの女性史や文化史を取り上げることもある。

経 歴

東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得満期退学。 「ニュージーランド女性の国際意識と帝国―二十世紀の幕開けから両大戦間期まで」(『帝国の長い影』、ミネルヴァ書房、2010年)  「変わる言語・育てる文化―ニュージーランド英語とマオリ語から」(北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院研究叢書69、2008年) 「メディアと女性―1960年代ニュージーランドの『揺れる』女性像―」(『歴史学研究』、2004年)等。

所属学会

日本ニュージーランド学会

電子メール

harada-m@imc.hokudai.ac.jp

研究領域

ニュージーランド史、地域研究、女性史、ジェンダー研究

研究コラム

 19世紀に大英帝国の自治領として近代国家の歩みを始めたニュージーランドは、積極的に国家アイデンティティを模索している国と言えます。「ANZAC、ラグビー、ビール」に象徴されるような、英帝国の強い“息子”としての表象が、国の在り方を規定していたと同時に、世界で初めて女性参政権が実現したように、女性の役割を早くから国家体制の中に取り込んでいく社会的文化的柔軟性も認められます。このようなニュージーランドの社会を素材として、女性の自己意識や社会参加の意識がどのように形成されていくのか、雑誌や新聞における表象を手掛かりに研究しています。