ホーム > 研究院紹介 > 教員プロフィール一覧 > 土田 映子

研究院紹介

教員プロフィール一覧

土田 映子 / TSUCHIDA Eiko

職 名:
准教授
担当分野:
多元文化論

担当授業

国際多元文化教育共通講義A 多文化理解方法論A

授業内容

アメリカ合衆国における移民コミュニティの文化変容、アメリカの文化・社会と科学・技術との関係性

1. 移民のアメリカ社会への同化・適応の過程において、広い意味での教育がどのように関わっているのか
2. 近代産業社会の成立と成熟を支えるイデオロギーと、エスニック及びナショナル・アイデンティティの形成はどう関係しているのか―の2点が研究関心です。現在は、19世紀末から20世紀初めのシカゴにおけるスウェーデン系移民を対象に、ホスト社会内での地位向上のために移民コミュニティがアメリカ社会の科学・技術信奉に対してどう対応したかを検証する作業に取り組んでいます。

経 歴

1999年 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学
1999年―2001年 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究助手
2002年―2004年 北海道大学言語文化部講師
2004年―2007年 北海道大学言語文化部助教授
2007年― 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院准教授
・「テクノロジーと移民のアメリカニズム―スウェーデン系移民社会による軍艦『モニター』とジョン・エリクソンの表象―」『アメリカ研究』43(2009年)、155-173頁
・「『エスニシティ』概観 コンセプトの形成と理論的枠組」国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書66『グローバリゼーションと多文化共生』(伊藤章編、2007年)、219-239頁
・ 「宮澤賢治とカール・サンドバーグのアメリカ:日米の詩人による移民のイメージ」国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書55『植民・移民・難民のメディア学』(伊藤章・宮下雅年編、2004年)、135-165頁

所属学会

アメリカ学会、Organization of American Historians, American Studies Association

研究領域

アメリカ地域研究