ホーム > 研究院紹介 > 教員プロフィール一覧 > 岡本 亮輔

研究院紹介

教員プロフィール一覧

岡本 亮輔 / OKAMOTO Ryosuke

岡本 亮輔
職 名:
准教授
専 攻:
観光創造専攻
担当分野:
国際地域文化論

担当授業

観光文化概論、観光創造特論、観光文化研究演習

授業内容

観光文化を生み出す記憶と物語

場所は、どこも同じような価値や意味を持っているわけではありません。神聖な場所、社会全体に開かれた場所、特定の人々だけが大切にする場所、呪われた場所、忘れられた場所などさまざまです。それでは、これらの個性的な場所はどのように作られるのでしょうか?こうした問題意識を念頭に、キリスト教や神道の聖地について研究してきました。分かってきたのは、歴史や伝統だけが聖地を作り出すのではないことです。その場所を取り巻く人々が、物語を読み込んだり、記憶を結びつけることで聖地は生まれます。そして、かつては宗教がある場所を聖地化するのが目立っていましたが、現代では、アニメや映画のようなフィクション、あるいは世界遺産のような世俗の制度が場所を特別化します。授業では、ある場所が個性化されるプロセスの背後にどのような要素があるのかに注目し、社会学・人類学・観光学・宗教学といった諸領域の研究を参照しながら分析します。

経 歴

筑波大学大学院人文社会科学研究科哲学・思想専攻修了。博士(文学)。著書に、『聖地と祈りの宗教社会学―巡礼ツーリズムが生み出す共同性』(春風社、2012)、『聖地巡礼―世界遺産からアニメの舞台まで』(中公新書、2015)、『江戸東京の聖地を歩く』(ちくま新書、2017)。共編著に、『宗教と社会のフロンティア―宗教社会学からみる現代社会』(勁草書房、2012)、『聖地巡礼ツーリズム』(弘文堂、2012)、『東アジア観光学』(亜紀書房、2017)。

電子メール

okamoto@imc.hokudai.ac.jp