ホーム > 研究院紹介 > 教員プロフィール一覧 > パイチャゼ スヴェトラナ

研究院紹介

教員プロフィール一覧

パイチャゼ スヴェトラナ / PAICHADZE Svetlana

パイチャゼ スヴェトラナ
職 名:
助教
専 攻:
観光創造専攻
担当分野:
国際地域文化論

担当授業

観光創造特論、観光文化概論

授業内容

地域間の移住が生み出す多重的な生活・文化的空間

ロシア極東は中国、朝鮮半島、日本と隣接した地域である。19世紀半ばからロシア極東にはこれらの地域からの移民が居住し、それと同時にロシア帝国からはさまざまなルーツをもつロシア人が来日した。そして、このような地域間の移住は第二次世界大戦を経て、現在まで続いている。移住は、単なる人々の移動ではなく、各エスニックグループによる自分たちの生活・文化的空間の構築でもある。移住者はどのようにこの生活空間を築いていくのか、また地域のマジョリティにとってこの空間はどのようなものであるのかを深く考えていきたい。

経 歴

北海道大学国際広報メディア研究科博士課程修了。博士(国際広報メディア)。研究テーマは移民の教育、アイデンティティと言語、多文化共生。共編にVoices from the shifting Russo-Japanese border: Karafuto/Sakhalin(Routledge, 2015)、共著に『サハリン残留 -日韓ロ百年にわたる家族の物語-』(高文献, 2016年)など。