トップ > 部内共同研究プロジェクト > 東アジア観光文化研究 > 2015-08 東アジア観光文化研究会シンポジウム <観光空間としての東アジアEast Asia as a Tourism Space>

部内共同研究プロジェクト

東アジア観光文化研究会シンポジウム <観光空間としての東アジアEast Asia as a Tourism Space>

2015年8月1日 東アジア観光文化研究

東アジア観光文化研究会シンポジウム 
<観光空間としての東アジアEast Asia as a Tourism Space>

日時 8月1日(土)13:00〜18:00

場所:北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院608号

プログラム

開会の挨拶 山田義裕研究院長

研究会のご紹介 金成玟

第1部 遺されるモノと場所

ナショナルな聖地のゆくえ

岡本亮輔(北海道大学)

文化遺産化ゲームと観光現象

木村至聖(甲南女子大学)

戦跡巡礼と観光資源―沖縄における戦争の記憶―

粟津賢太 (南山大学) 

白川郷の世界遺産観光

麻生美希(北海道大学)

休憩

第2部 メディアがつくる観光空間

観光空間におけるアートの役割

朴炫貞(北海道大学)

皇居ランの比較社会学

新倉貴仁(成城大学)

メディアによる中産階層と観光のイメージ構築ーー現代中国の事例を中心に

    周 倩(北海道大学) 

越境のヒエラルキーー日韓の国交正常化と観光空間

金成玟(北海道大学) 

総合討論 

総合司会(岡本亮輔)

コメンテーター:清水賢一郎(北海道大学)、西川克之(北海道大学)