国際広報メディア・観光学院の入学者受け入れの方針

観光とメディアに関する知見と思考力を身に付けて,情報の高度化が進展し,人の移動や異文化の接触が日常化している現代社会が抱える課題を解決しようとする学生を求める。また,社会人学生,外国人留学生等,多様な入学者を積極的に受け入れる。

(1)修士課程

  • 観光とメディアに関する基礎的な知識に基づいて,現代の地域社会や国際社会が抱える課題を正しく認識し,その解決に立ち向かう意欲を持った学生
  • グローバルあるいはローカルなネットワークに参画し,関連する諸アクター間の連携を図るために必要な,情報発信スキルやコミュニケーション能力を高めたいという意欲を持った学生
  • 多層化する言語環境において発生する重層的な諸問題を分析解明し,他者との共生のためにそれを克服していこうとする意欲を持った学生

(2)博士後期課程

  • 観光とメディアに関わる高度な専門知識を土台として,現代社会が抱えるアクチュアルな問題を的確に分析し,解決のための先進的モデルを構築する研究を,自立的に遂行していこうとする意思を持った学生
  • 地域の人々が誇りと愛着を持って暮らしていけるように,内外との交流やコミュニケーションを活発にする仕組みを独創的に構想し,民産官学の多様なアクターの協働的参加を促すためのネットワークや組織作りに携わる意思を持った学生