トップ > 学院紹介 > 専攻紹介(国際広報メディア専攻)

専攻紹介(国際広報メディア専攻)

専攻紹介(国際広報メディア専攻)

「同じ」と「違う」から考える

国際広報メディア専攻長 渡邉 浩平

中国で春節(旧正月)を過ごして、はじめて「迎春」が実感できた。1月下旬から2月上旬の春節は、ちょうど寒さが底を打ち、まさに春がはじまる時期だ。日本は正月を太陽暦にかえた。でも、賀状には梅を描き、七草の粥を食べる。なぜ日本は、春の気分だけをのこし、正月を陽暦にかえたのか。東アジアの他の地域では陰暦で新年を寿いでいる。いろいろな疑問がわいてくる。東アジアに限ってみても「同じ」と「違う」は混在している。自分のメガネだけで見ていては見えないことがたくさんある。あたりまえと思っている日本の正月も、相対化して見るとさまざまな発見がある。そして、異なる社会や文化を知り、違いを超えて対話をするためには相手に通じる言葉が必要だ。言葉や映像をのせるメディアも欠かせない。それを実際の社会の仕組みとして見ると、情報をつたえるジャーナリズム、組織が社会と対話をする広報というものもある。産業としてのメディアだ。そもそも、コミュニケーションやメディアは社会のなかでどのような役割をはたしているのか。そういうことも考える必要がある。わたくしども国際広報メディア・観光学院国際広報メディア専攻は、そういったことを学ぶ場だ。

国際広報メディア専攻長 渡邉 浩平

研究と教育の目的

「メディアとコミュニケーション」から現代社会をみる

国際広報メディア専攻は、「メディアとコミュニケーション」の視点から現代社会を調査・分析していくことを研究の基本としています。それは、わたしたちの社会が、高度に情報化し多様化しつつ、同時に、グローバル化とローカル化という両極に分化しているからです。メディアとコミュニケーションの視点を抜きにしては、現代社会は語れません。

メディアとコミュニケーションの研究を通じて、現代社会の急激な変化に対応できる行動力を持った人材を育成し、メディアとコミュニケーションに関わる広範囲な領域において優れた研究を遂行できる研究者の養成を教育の目的とします。

コースと講座

専門分野別に3コースを設定

国際広報メディア専攻は、「広報・ジャーナリズム論コース」「メディア文化論コース」「言語コミュニケーション論コース」と3つのコースに分けて教育・研究が行われています。

広報・ジャーナリズム論コース

本コースでは、現代社会において重要な機能を果たしている公共コミュニケーション、広報、マスメディアおよびジャーナリズムの理論を適格に理解し、コミュニケーションにおける現代的問題を発見し、その解決へ向けての方策を立案・実践する能力を育成します。

メディア文化論コース

メディア技術の革新によってもたらされた高度情報化社会においては、近代社会とその文化の枠組みは大きな変容を迫られています。またメディアと文化の関係も改めて問われることになります。本コースでは、高度情報化社会における文化変容、文化と表象メディアの関係、文化や社会の多元化について幅広く研究すると同時に、マルチメディア表現に通じ、ボーダレス化した現代社会に柔軟に対応できる人材の育成を目指します。

言語コミュニケーション論コース

言語コミュニケーションは人間社会の発生以来、社会や文化を支える基礎構造としての機能を果たしています。近年、コンピュータやネットワークテクノロジーの発展による情報化とそれに伴うグローバル化により、言語コミュニケーションはその性質と機能が複雑化し根本的な変貌を遂げつつあります。本コースは、このような時代における言語コミュニケーションの本質を探求し、現代社会と言語コミュニケーションにかかわるさまざまな問題に理論的および実践的に取り組む専門家の養成を目的とします。