トップ > 学院紹介 > 教育目的とポリシー

教育目的とポリシー

教育目的とポリシー

本学院の教育目的、アドミッション・ポリシー、学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)、教育課程・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー) は以下のとおりです。

教育目的

国際広報メディア・観光学院

国際広報メディア・観光学院は、広報・ジャーナリズム、メディア文化、言語コミュニケーション及び観光創造に関する領域において、現代社会の課題に柔軟かつ的確に対応し、並びに地域社会及び国際社会で活躍するために必要な専門的能力を備えた研究者及び職業人を育成することを目的とする。

国際広報メディア専攻

国際広報メディア専攻の教育目的は、高度に情報化し多文化化すると同時に、グローバル化とローカル化の両極に変化しつつある現代社会の諸問題を、「メディアとコミュニケーション」の視点から分析・考察し、解決に導いていく実践的能力を養成することである。この教育を通じて、現代社会の急激な変容に対処できる柔軟な思考力と広い視野、国際的に活躍できる行動力をもった人材を育成するとともに、メディアとコミュニケーションが関わる広範な領域において優れた研究を行う研究者を養成する。

観光創造専攻

観光創造専攻の教育目的は,地域社会等で観光創造分野をリードできる幅広い専門的能力を有する高度な専門家の養成,並びに観光が関わる広範な領域において次代を担う教育・研究を遂行できる優れた研究者の養成である。そのため,観光創造専攻においては,地域の自然・文化資源等に関わる価値を創出する能力,民産官学の多様な利害関係者の協働関係を構築する能力,および観光による地域振興の手法を,社会的課題を抱えた諸地域に実践的に応用する能力を備えた専門的人材の養成に重点を置くとともに,それら観光創造の根幹をなす活動や現象を対象として学術的研究を深化させ,新しい観光研究の領域を切り拓くことのできる研究者の養成にも力を注ぐものである。

アドミッション・ポリシー

国際広報メディア・観光学院

国際広報メディア・観光学院は、入学者の出身学部や経歴の如何を問わず、国際化・高度情報化社会において必要とされる高度なコミュニケーション能力、メディア・リテラシーの獲得を目指す、文理融合型の大学院です。入学者は出身学部や職務経験上の専門を踏まえながらも、特定の領域に偏ることなく、幅広い知見を持つことが求められます。また、社会人学生、外国人留学生を積極的に受け入れ、学生の多様化、国際化を図っています。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

国際広報メディア・観光学院

大学院国際広報メディア・観光学院は,本学が掲げる4つの基本理念(フロンティア精神,国際性の涵養,全人教育,実学の重視)のもと,メディアとコミュニケーション,および観光創造に関する学問分野の継承と創造を通じて,修士課程では,高度専門職業人として国際社会や地域社会で活躍し,地域再生に貢献できる人材の養成を,また博士後期課程では,高度専門職業人あるいは独創的研究者として,国際社会の諸問題の解決や地域再生の新しい可能性を追求する学問的知見を深化させ,国際社会や地域社会に貢献できる高度に専門的な人材の養成を教育目標としています。  大学院国際広報メディア・観光学院では,この目標とする人材像に求められる具体的な能力(学位授与水準)を修士課程と博士後期課程において専攻ごとに定め,当該能力を身につけ,かつ所定の単位を取得し,学位論文(あるいは特定課題研究)の審査及び試験に合格した者に修士または博士の学位を授与します。

国際広報メディア専攻の学位授与水準

国際広報メディア専攻では,国際広報メディア・観光学院の教育目標に基づき,高度に情報化・多様化しつつ,またグローバル化とローカル化が同時に進行する現代社会を見据え,メディアとコミュニケーションの視点から諸問題を分析・考察し,加えて課題解決へ向けて実践的なアプローチができる高度専門職業人および独創的研究者の養成を目標としており,次の能力を持つと認められる者に対し,修士または博士の学位を授与します。

■修士課程
  • 現代社会の諸問題を発見し,その課題を把握できる基礎的知識と発展的理解力
  • 問題の解決へ向けて,必要な情報を収集し,実効的な方法を見つけ出す柔軟な思考力
  • 課題に対応するグローバルかつローカルなネットワークを形成できる発信力と実行力
  • メディアとコミュニケーションを駆使し,その進化と多様化に幅広く対応できる適応力
  • 時代と環境に望まれる「新しい公共」の形を常に更新できる行動力・実践力
  • 研究成果を修士論文等の学問的な形式として論述し,広く発信できる能力
■博士後期課程
  • 現代社会の情報環境の変容を迅速に感知し把握できる高度な情報収集能力と分析力
  • 問題の発見と実効的解決策を,学問的な方法論として開発できる精緻な思考力と応用力
  • 専門的な知識を幅広く伝える発信力,必要なネットワークを組織化できる実践力
  • 自立した研究者として,多様なプロジェクトを企画遂行できる能力とリーダーシップ
  • グローバルかつローカルなメディア・コミュニケーション環境を創設できる構想力
  • 研究成果を博士論文という形式として論証かつ論述し,学問的な貢献ができる能力

観光創造専攻の学位授与水準

観光創造専攻では,国際広報メディア・観光学院の教育目標に基づき,国内外の地域において,民産官学の多様な利害関係者の協働関係を構築し,自然・文化資源等に関わる共有された価値を創出することによって,観光による地域振興のための戦略を立案し,それを持続的にマネジメントするリーダー的資質を備えた高度専門職業人および独創的研究者の養成を目標としており,次の能力を持つと認められる者に対し,修士または博士の学位を授与します。

■修士課程
  • 新しい観光の創造を通して社会的イノベーションを構想する能力
  • 観光を通した多様な文化の交流によって起こるコミュニケーションの特質について考察する能力
  • 地域の自然や文化に観光資源としての価値を創出する能力
  • 自律的な地域の協働関係や地域主体の観光経営のあり方について提言する能力
  • 修士論文研究を通じて,テーマや課題を発見し,新しい観光の創造に資する論理を構築する能力
■博士後期課程
  • グローバル化が進展し価値が多様化・流動化する現代的状況における観光創造の意義について考究する能力
  • 高度情報化社会の多次元化したコミュニケーション環境における観光を通した文化の伝播,変容あるいは創出について分析する能力
  • 国や地域によって異なる文化や社会のあり方を見据えつつ,観光創造の理念に基づいた価値の共創による地域再生のモデルを構築して,社会貢献や国際貢献に資する能力
  • 観光創造の根幹をなす活動や現象を対象とした学術的研究を深化させて論証かつ論述し,新しい観光研究の領域を切り拓く能力
  • 研究成果を博士論文という形式として論証かつ論述し,学問的な貢献ができる能力

教育課程・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

国際広報メディア・観光学院

大学院国際広報メディア・観光学院は,学位授与方針で掲げる人材を養成するため,次の特色ある取組により各専攻の教育課程を編成・実施します。

【4学期制等による段階的教育プログラム】

学生一人一人がスムーズに学院生活に移行できるように,入学当初に学修や生活に関する丁寧なガイダンスを,教員と在学生協働で実施します。また,学位取得に向けたプロセスを着実なものとするため,4学期制の段階的教育プログラムとそれぞれの段階ごとの達成目標を設定します。さらに,研究経過報告会,趣意書作成,中間発表会等,学位論文執筆までのプロセスが発展的に進行するような指導体制を整備します。

【実践的教育の重視】

現代社会が抱える課題を解決するために提言を行う能力を向上させたり,実際のフィールドに出て具体的な調査手法や現場での経験知を体得させるために,複数のプロジェクト型演習を設けます。またインターンシップを単位化することにより,現場での実務を実践的に体験する学習機会を提供します。

【学外の専門家による連携講義】

シンクタンク,メディア企業等と連携し,民間のプロフェッショナルな実務家による講義や指導を提供します。

【国際性を重視した教育環境の整備】

東アジア・メディア研究センターを中心として,国際的なシンポジウムや研究会等の学術交流の機会を提供したり,英国シェフィールド大学等,国外の大学との協働による互恵的共同教育プログラムを実施して,国際的ネットワークを生かした教育環境を整備します。

【領域横断的な集団指導体制の構築】

それぞれの学生に複数の指導教員を割り当てて,専門領域の異なる多様な教員による集団指導を実践するとともに,講座や専攻を越えた領域横断的な学修の機会を提供します。

【社会人学生への配慮】

社会人学生を積極的に受け入れるため,6講目や土日の授業の開講や長期履修制度の導入によって柔軟な履修を可能にします。

【研究支援体制の充実】

修士学生それぞれにアドバイザーを割り当てて学修計画策定や学生生活全般について助言を与える体制を整えるとともに,優秀学生表彰のための「舞台は地球」賞や独自の奨学金制度を設定して,学位取得のモチベーション向上のための支援を施します。

国際広報メディア専攻

国際広報メディア専攻では,学位授与水準に定めた能力を持つ人材の育成を目標として,実践型教育システムのもと,以下の通りカリキュラムを編成し,実施します。

■修士課程
  • 講座およびコースによる集団指導体制を充実させるとともに,学生の研究テーマに応じて,他講座,他コースの教員も指導をサポートします。
  • 研究領域やテーマに最適の履修プログラムの策定,フィールドワークの実施計画等,効果的な学位取得プロセスを指導します。
  • 概論,特論,演習,民間実務者による演習等,コースや講座を横断しつつ,幅広く課題に対応できるように,カリキュラムを多様に編成します。
  • コースや講座ごとに効果的な研究経過報告会,趣意書作成アドヴァイス,中間発表会の準備等の指導をおこない,学位論文執筆が効果的に進行するよう,段階的な指導体制を整備します。
■博士後期課程
  • 複数の教員による集団指導体制をとり,研究領域に応じて,幅広く社会の問題に多角的に対応できるようにします。
  • 定期的な研究経過報告会により,常に学位論文の進捗状況を講座・コース全体で把握できるようにします。
  • 国際シンポジウム等を定期的に開催し,学生がそれに関与することで研究発表に関する企画・運営能力を養成します。
  • 複数の外国大学との国際的な研究・教育交流プログラムを実施することで,研究ネットワークの拡充や国際的発信能力の養成を図ります。
  • 民間企業の実務者等と連携し,個別指導や共同プロジェクト研究を通じて,理論的研究と実践的能力の相乗効果を図ります。
  • TA,RAの機会を数多く設け,その業務を通じて専門領域の教育を体験し,学問の発信・継承能力を養成します。

観光創造専攻

観光創造専攻では,学位授与水準に定めた能力を持つ人材の育成を目標として,集団指導と社会連携を基軸とした実践的教育システムのもと,以下の通りカリキュラムを編成し実施します。

■修士課程
  • 専攻所属教員全員による講座を横断した集団指導を徹底して実践します。
  • 毎年新学期に宿泊研修を実施し,新入生の相互交流を促進するとともに,地域に暮らす人びとと実際に接しながら,観光創造に関わる基本的な問題意識を実践的な場で認識する機会を提供します。
  • 概論および特論科目を講座横断的に開講し,観光創造に関わる基礎概念や基本的論点について複数教員によってオムニバス的に教授します。
  • 演習科目を「価値共創に関わる科目」「地域協働に関わる科目」「国際貢献に関わる科目」の三種類に体系化し,観光創造の中心的課題に焦点を当てた教育を実施します。
  • 国内外の地域社会と連携した実践的なプロジェクト型演習を開講します。
  • 授業活動の一環として,また修士課程研究経過報告会や修士論文中間発表会等の場で,個々の学生がそれぞれの研究成果を発表する機会を設け,学位論文研究の進捗状況を教員集団が把握する体制を取ります。
  • 観光の諸理論に関わる勉強会や文献講読会,あるいは具体的事例に則した研究会等を開催し,学年の違いを越えた学生間の相互交流および知見やスキルの共有の機会を提供します。
  • 修了後の多様なキャリアパスの実現を目的に,幅広い分野の実業界や学術研究の世界で活躍する現役社会人とのコミュニケーション機会を創出するとともに,実践的指導による就職活動の支援等に取り組みます。
■博士後期課程
  • 各学生の独創的な研究の視点やアプローチを尊重しながら,指導教員が主催するゼミ形式の研究会,メディア・コミュニケーション研究院の共同研究,観光学高等研究センター主催のシンポジウム等への積極的な参加を促して,他の研究者や院生との協働的な研究活動の機会を提供します。
  • 専攻所属教員全員参加のもとで博士課程研究経過発表会を年2回定期的に開催し,ひとりひとりの学生の学位論文研究の進捗状況を専攻全体で把握しながら,多様なテーマや論点の背後にある共通する問題の所在や,個々の課題設定の意義および研究手法の妥当性について考えさせるための共同討議の場を設けます。
  • 学術研究者に加え,公的機関や民間シンクタンクおよびNPO等,外部から多様な関係者が数多く参加する観光創造研究会を開催し,理論的な問題のみならず実践的な社会的課題に至るまで,より開かれた場で研究発表する機会を提供します。