トップ > 学院紹介 > 専攻紹介(観光創造専攻)

専攻紹介(観光創造専攻)

専攻紹介(観光創造専攻)

現場から思考し、未来の時間を創る

観光創造専攻長 清水 賢一郎

「書を捨てよ、町へ出よう」――かつて寺山修司はそう喝破した。右肩上がりの高度経済成長が約束され、「三種の神器」に象徴されるモノの所有に齷齪する高度消費社会が謳歌される中、詰め込み教育で教科書漬けになった若者・学生に向かって投げかけられた問題提起であり、時代の変容に鋭く斬り込む叛逆の書であった(ちなみに伝説の劇団「天井桟敷」旗揚げと同じ半世紀前(1967)に出された同書は、クラーク博士の名言を換骨奪胎した「青年よ大尻を抱け」なる痛快絶倒のアジテーションで開幕)。
さて、時代は今、どこに来ているのであろうか。むろん日本だけを見ていては狭隘に過ぎる。宏壮なパースペクティブに立ち、時空を跳び越え、複眼的かつ巨細自在に現象に迫らねばならない。その際、「町へ出ること」は今なお有効であろう。「町」とは都会に限るまい。村落をも含め、ひとが生きている〈現場〉のリアリティを身をもって摑むことだ。「読万巻書、行万里路」(明末書画家董其昌語)という。臨床的な知を携え、未到の将来を拓く気概に盈ちた同好の士を、観光創造は待っている。

観光創造専攻長 清水 賢一郎

研究と教育の目的

未来のツーリズムを拓く職業人・研究者の養成

観光学は確立されたディシプリン(学問分野)ではありません。これまでは、経済学、経営学、政治学、法学、社会学、歴史学、文化人類学、民俗学、農学、工学、医学など、あらゆる学問分野を総動員し、観光という現象の解明に取り組んできたのが実状です。しかし、観光に関する教育が徐々にその歩みを進めてきたことは確かです。変わりゆく社会に対して、自ら変革の先駆けとなり、新たな現象を創り出す人材を養成することこそ、これからの大学に課せられた使命といえます。

北海道大学に誕生した観光創造専攻は、まさにこのような創造志向の研究・教育を行うことを旨として発足しました。本専攻で学ぶ学生は、単一のディシプリンに沿って勉強するのではなく、自ら研究課題を見つけ、それに応じた研究方法論を選択し、必要な知識を身につけながら、その課題の解決を目指していくことになります。そしてこのような経路を辿ることで、学生たちは将来、職業人・研究者それぞれの舞台において、観光にかかわる創造的な仕事を展開していくことができると信じています。

コースと講座

価値共創・地域協働・国際貢献

観光創造専攻では、地域社会等で観光創造分野をリードできる幅広い専門的能力を有する高度な専門的人材、並びに観光が関わる広範な領域において次代を担う教育・研究を遂行できる優れた研究者、これら二者の養成を教育の理念として掲げています。

具体的には、前者=高度な専門的人材の養成に当たっては、以下の3つの能力の育成に重点を置いています。すなわち、地域の自然・文化資源等に関わる価値を創出する「価値共創」にかかわる力、民産官学の多様な利害関係者の協働関係を構築する「地域協働」にかかわる力、および観光による地域振興の手法を、社会的課題を抱えた海外諸国・地域に実践的に応用する「国際貢献」にかかわる力、の3つです。そして、これら3つの能力を基礎として持ちつつ、いずれかの能力において特に秀でた観光創造の専門的人材を育成することを目指しています。

また、後者=研究者の養成に当たっては、観光創造の根幹をなす活動や現象を対象として学術的研究を深化させ、新しい観光研究の領域を切り拓くことのできる力の育成に重点を置いています。

スタッフと講座

2つの研究機関からの専門スタッフが教育・研究を実施

本専攻では、観光学高等研究センターとメディア・コミュニケーション研究院所属の専門スタッフが教育および研究を行っています。指導教員1名だけでなく、副指導教員を配し、専攻全体による「複数教員指導体制」をとっている点に特色があります。

観光創造専攻の講座